愛するオイルで美味しくランチ

長年サラダ油しか使ってこなかったのですが、TV等で様々な食用オイルが紹介されていて興味を持ちいくつか試してみました。とりわけオリーブオイル。独特な出し汁で最初はカルパッチョやマリネの時位でチマチマ使っていました。ある日サラダ油が足りなくてオリーブオイルで揚げ物をしたらカラッと揚がって美味しかったのを機にオリーブオイルをメインで扱う様になりました。ただとても本数を使うのでコストからしても揚げ物に取り扱うのは特別な事だけにしています。次にココナッツオイルを努めました。芳香が強めで、お菓子構造に合う愛らしい感じです。またクリエイターにて出し汁って旨味が違うのに驚きました。常温で置いとくと液体状になるのでココアや紅茶に溶かして美って酸化分裂効果を期待して飲んでいました。またりんごやバナナを焼く時にも使ってシナモンで食べると適切お菓子になり重宝してくれました。そうして現下最高峰ハマっているのがグレープシードオイルだ。ココナッツオイルを切らしてデパートで探してた界隈ぶどうの計画に視線が立ち寄りココナッツオイルよりも安価だったので試してみようって買ったのがきっかけです。申し込み買って大正解でした。マキシマム自分のびいきというかオイルってこんなにもおいしいのかってドストライクでした。といってもそのままだと無味なのですが野菜にわたって食べると塩分も何もなくても旨味を感じられます。おかげで野菜も手広く食べれる様になり四六時中に欠かせないオイルとなりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする